不動産投資初心者の方に、おすすめする、しない、不動産投資セミナー

不動産投資

 

不動産投資サバイバーのマーティンです。

 

今回、

 

不動産投資初心者の方を対象に、おすすめする、または、しない、不動産投資セミナー

 

について、私の15年間の不動産投資経験を元にシェアしていきますので、ぜひ最後までご覧くださいね。

 

不動産投資セミナーへの参加を検討している、セミナー初心者の方は、不動産投資の知識や、情報収集状況によって、参加するセミナーの種類を選択することを是非おすすめします。

 

不動産投資初心者の方が、参加を見送るべきセミナーとは?

不動産投資の知識がまだほとんど無い場合に、参加を見送るべきセミナーとは、セミナーの内容が中立な立場で構成されていない内容のもので、具体的には、販売を目的としたセミナーです。

 

不動産投資の知識がまだほとんど無い方が、不動産投資セミナーへの参加を検討するにあたって、まず確認することは、そのセミナーの主催会社がどのような会社であるのかということ。

 

会社名があらかじめ分かっている場合(普通は分かります)、インターネットで検索します。そして、「会社概要」「会社案内」「事業内容・概要」「運営会社」の項目を確認します。

 

もし、不動産販売、不動産開発などのワードがあれば、そのセミナーは、不動産投資販売を目的としたものです。

 

もし、不動産投資の知識がほとんど無い段階では、セミナー主催会社が投資用不動産の販売を事業内容としている場合は、参加を見送りましょう。

 

特に、人が言うことを何の疑いもなく信じやすい人は、投資用不動産販売会社が主催する不動産セミナーや、無料個別相談会に参加することは、リスクが高いので、やめることをおすすめします。

 

投資用不動産販売会社主催の不動産投資セミナーでは、販売することに前のめりの販売会社の場合、買主側のリスクやデメリットに関する説明が足りない可能性があるからです。

 

もちろん、販売会社によっては、メリットや、参加者に聞こえの良い話だけでなく、将来的に想定されるリスクやデメリットを一通り説明した上で、その会社が販売する不動産購入の判断をセミナー参加者に委ねるところもあるかとは思います。

 

収支計画についても、投資用不動産販売会社は、向こう20年、30年の見通しをロジカルに組み立て、具体的な数字を使用して、その不動産投資の妥当性を説明すると思います。

 

でも、10年先を見通すこと、10年どころか5年先を見通すことが難しい時代に、20年、30年先のことを完全に見通すことはできないと個人的には考えています。

 

名だたる多くの日本の大企業が得た収益を積極的に設備投資することなく、内部留保として積み上げているのは、将来のリスクを見通すことが困難であるからにほかありません。

 

であるとするならば、投資である以上、自らの責任と判断により、最悪の事態が起きたとしても生き残れるような周到な投資計画を練ることなしに、不動産投資の世界で生き残ることは難しいと私は考えています。

 

不動産投資の知識が無い場合、投資用不動産販売会社が言及しないリスクやデメリットを見落として、購入してしまうリスクがあります。

 

リスクとは、投資に費やす長い年月と、数百万円以上のお金を失うことです。そして、場合によっては、再度投資をすることが出来なくなるリスクです。

 

投資活動では、投資出来る時間は、人の人生のうち限られた期間なので、それを、投資の失敗により浪費することは、収益機会の喪失を意味します。

 

そのため、回避出来るリスクは用意周到に事前勉強と準備によりコントロールすることが大事です。

 

あらかじめ、十分な不動産投資知識を本やメディア、セミナー(中立な立場の)で修得し、適切な投資判断が自ら下せるようになってから、投資用不動産販売会社のセミナーに参加するようにしましょう。

 

不動産投資初心者の方が、選択するべきセミナーとは?

 

セミナー内容が中立な構成で組み立てられているもので、且つ、セミナー主催者が投資用不動産の販売、開発の会社でないものです。

 

不動産投資初心者で知識の無い人が、セミナー主催者が投資用不動産の販売、開発の会社でないものを選択する理由については、前述した通りです。

 

では、どのような内容構成のセミナーに参加すべきでしょうか。

 

それは、自分が未だ獲得していない不動産投資知識を教えてくれるプログラムを提供出来るセミナーです。

 

会社によっては、どのような内容がセミナーで学べるかを項目別に公開していますので、それを参考に、自分に不足している不動産投資の知識がセミナーのプログラムに組み込まれているかを確認しましょう。

 

不動産投資セミナーの理想的な内容構成

 

不動産投資のタイプ別の特性を知る

不動産投資といっても、それこそ、大規模な商業施設から、ワンルームの区分所有まで様々なタイプがあります。

 

そして、それぞれ、そのタイプ特有の特性、メリット、デメリットがあり、出口戦略や、必要な自己資金、物件維持のコスト、融資の種類が異なります。

 

その中から、自分の属性や、自己資金、投資期間、目標に応じて、自分が投資する不動産のタイプを判断することになるので、その特性を知ることは需要です。

 

銀行融資

不動産投資をする場合、購入資金のほとんどを自己資金で準備するというケースはまれで、ほどんどの場合、銀行からの融資を受けることになります。

 

銀行融資を受ける場合、どのようなアプローチ、準備をすれば、自分が希望する融資金額を銀行から引き出せるのかをあらかじめ知っていた方が、有利です。

 

物件の管理

不動産経営を行う上で、物件の管理は、特に重要な位置を占めます。物件管理をないがしろにすると、遅かれ早かれ、不動産経営に支障が出る可能性が高いです。

 

私のこれまでの不動産経営の経験からも、物件管理上、どのような準備が必要か、管理会社とどのように付き合っていくべきかなど、あらかじめ知識として蓄えておくことで、問題の発生を未然に防ぎ、良い対処が出来れば、高い入居率の維持、不動産経営に安定につながることが言えます。

 

出口戦略

不動産のタイプや、投資家の目標により、出口戦略は異なりますが、投資用不動産の購入時点で、出口戦略が明確になっていれば、将来的な投資の成功、リスクの回避につながるので、不動産投資セミナーで知識として蓄えておくことは、大変有益です。

 

 

まとめ

 

「不動産投資初心者の方に、おすすめする、しない、不動産投資セミナー」

 

をテーマとして、みなさんと一緒に見てきました。

 

いかがだったでしょうか。

 

参考になったところがあれば幸いです。

 

この記事に書けなかった重要な不動産経営上のことをお知りになりたい方は、下記、メルマガに登録してみてください(解除はいつでも可能です)。

 

また、不明な点、質問したいことなどあれば、ご遠慮なく、下記、無料相談窓口から、お問い合わせください(名前の登録は不要です)。

 

マーティンのメルマガ

メルマガ
私マーティンが、メルマガをお届けします。 不動産投資に役立つ関連情報、最新の不動産投資情報を発信していきます。 登録は無料で、配信の解除は随時可能です。 お申し込みはこちら。

無料相談を受け付けています

不動産投資 無料相談受付
不動産投資サバイバーのマーティンです。 この無料相談受付は、みなさんが、これから不動産投資を検討するにあたり、疑問に感じていること、または、既に不動産投資をしているものの、悩んでいることに、お答えするコーナーです。 お気...

 

 

 

それでは、また。

 

不動産投資サバイバーのマーティンでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました